今年の災害で思ったこと

お久しぶりです、えとーです。

このブログ、えとー以外更新してないのでえとーの個人ブログみたいになっていますが、えとーまでやめてしまうと本当にコンテンツとして成り立たなくなってしまう(既にもう成り立ってない)ので、頑張って更新していきます。

今年は主に台風や地震など自然災害がとても多い年で、えとーの周りにも被害に遭われた方が結構いらっしゃいます。

これは勝手な思い込みかもしれませんが、人間自然災害にはどう頑張っても勝てない上、特に日本は自然災害が多い国だと思っているので、1人1人がしっかり災害に対して常に隣り合わせという意識と、非常食等の備えをしっかりしておく必要があると思います。

まず日本といえば地震の国ですよね。

「うちの地域は大きな地震が起きないから大丈夫」
とえとーも去年の9月まで思っていました。

しかし、北海道胆振東部地震が発生し、固定していなかったラックは倒れ、水槽から水が飛び出し、えとーが管理していたサーバー類に致命的なダメージを与えました。

幸い食器戸棚は揺れた方向が良かったため、中のものが飛び出したり物が落ちて割れる等の事は起こりませんでしたが、立っていられないほどの揺れとミシミシと音を立てながら隙間が広がっていく壁のつなぎ目を見て「いつ崩れてもおかしくない」と感じたのを鮮明に覚えています。

しかし、不思議な事に慌てて外に出てみると、近所の人が世間話をして笑っているのです。

これが最近話題になっている「正常性バイアス」だったのかなと今になって感じます。

正常性バイアスとは、危機に陥った際に「自分は大丈夫」という自己暗示をかけてしまう精神状態であり、どんなに危険な状態でも避難をしなかったり、様子を見に行ってしまう等と行った問題が起こります。

今年の台風で起こった川の氾濫でたくさんの人が被害を受けた理由もこの「正常性バイアス」ではないかと言われています。

と言っても、実際に自分がそういう状態になっていると自覚するのは難しいと思うので、ニュース等で自分の地域に避難指示等が出ていたら速やかに安全な場所に避難することが重要です。

例えば台風で川が反乱した際に、鉄筋コンクリート構造マンションの4~5階に住んでいると言う場合は避難しない方が安全だと思いますが、一軒家やアパート住んでいる場合は大丈夫だと感じても避難指示に従う事が重要です。

地震の場合は到達する前に分かりやすく教えてくれる家庭用の機器などもあるので、防災無線は勿論ですが日頃から自然災害と向き合う事が大切です。

CENTURY(センチュリー) 地震の見張り番@home (JMB-AH)

来年は自然災害が少ない年になることを願っています。

最後に台風や自然災害の被害に遭われた方へ、心よりお見舞い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください