WordPress 5.0が公開 旧エディタに戻す方法は?

WordPress 5.0が公開 旧エディタに戻す方法は?

こんにちは、えとーです。

WordPress 5.0が公開されましたね。

今回のアップデートで大きく変わるのは編集画面

新しいエディタになって見た目はかっこよくなりましたが、機能面ではイマイチな部分も多々あります。

そこで今回は、旧エディタに戻す方法をご紹介したいと思います!


とりあえずつかてみた。

流石に使わないで批判するのもよろしくないので、新エディタを使ってみました。

感覚的にはTumblrみたいな感じでしょうか

見た目はシンプルを極めた感じで一見いい感じですが、シンプルすぎて使いたい機能を探すのが一苦労です。

まず本文の入力画面ですが、テキストを一部分だけ大きくしたり、色を変える機能はなく、ブロックという一段落の区切りでしか、スタイルの変更を行えません。

こんな感じです

もちろん、カスタムHTML等も同様にブロックでのみ利用可能な形になっています。

また、パーマリンクがおかしくなったり、日本語化がも殆どできていない状態(おそらく英語以外ほとんど未翻訳)で、流石にこの状態でデフォルトエディタに置き換えるのはどうかなぁと思いました。

ということで、使ってみた仮想はやっぱり全体的に自由が効かないの為、もう少し旧エディタを使いたいという結論になりました。


旧エディタに戻す。

実はWind○wsUpdate等とは違い、正式に旧エディタに戻す方法が存在します。

元々組み込まれていた旧エディタが現在では Classic Editor というプラグインになっているので、それをインストールするだけです。


結局新エディタはどんなユーザーを対象にしているのか

恐らくですが、この新エディタは現代のSNS等に合わせて気軽に投稿したいユーザー向けに開発されたものだと思います。

確かに色を付けたり、部分的に文字を大きくする必要がないユーザーにとっては、このエディタはむしろ今までの細かいエディタより魅力的かも。


まとめ

Tumblrや近代のSNSに慣れてる人には良いと思う
(ってか、それを対象にしているなら wordpress.com とかスマホアプリでやってほしい)

でも今までのエディタを長期間使ってたユーザーにとっては結構なストレスかも。

以上、えとーでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください